不妊治療 > 男性不妊について > 男性不妊治療について

Male Infertility男性不妊について

男性不妊治療について

赤ちゃんが欲しいと思っていてもなかなか子宝に恵まれないという方もいます。
赴任の原因としては、女性側に原因があることもありますが、男性側に原因がある場合もあります。
男性に原因がある不妊症も近年増加傾向にあり、不妊治療を行っている3~4割が男性側に原因があるとされています。
男性不妊治療をする時にはその原因についても理解しておく必要があります。

男性不妊の原因には、精子の異常や性機能障害があります。
精子の異常では、精子減少症や精子無力症などがあります。
性機能障害では、勃起障害や射精障害などがあります。
男性不妊の治療法としては、精子の異常が認められた場合には、ビタミンB1や抹消循環改善剤、漢方薬などの薬物療法が行われます。
他にも、夫婦間人工授精法や体外受精‐胚移植法、顕微鏡受精の治療法もあります。
精子に異常がある場合には、その症状の程度によって治療法も変わってきます。
医師とよく相談してどのような治療が必要なのかを判断するようにしましょう。
性機能障害と診断された場合の治療としては、バイアグラやシアリスなどを使用します。射精障害の場合には、精液を採取してその精子で人工授精を行います。
どの治療法も、男性不妊に有効とされています。

不妊治療には、性交渉も欠かすことは出来ません。
性交渉がない夫婦の場合には、EDを伴っているケースも多くありますので、ED治療薬を服用したり、夫婦間人工授精を行うことになります。
不妊治療には、精神的にも負担が大きいですが、妊娠を期待するのであれば、治療を諦めずに続けて行くようにしましょう。
不妊治療に関しては、女性側にばかり原因があると思われがちではありますが、妊娠がなかなかできない場合には、夫婦共に検査を受けることをお勧めします。