不妊治療 > 男性不妊について > 精子検査は男性不妊の原因究明に不可欠

Male Infertility男性不妊について

精子検査は男性不妊の原因究明に不可欠

男性不妊は、女性不妊よりも自覚症状が低いと言われています。
とかく男性の方は、まさか自分が原因なのでは?
と考える事も少ないのではないでしょうか?
実際に射精を行ったとしても、見た目ではその原因を知る事が出来ません。
何ら変わりのない精子に待ったく男性不妊をいう文字を利用する気持ちにならない。
その気持ちは充分にわかります。

しかし、不妊における原因となる男性不妊は半数近い近い数字をあげる事ができます。
精子検査を受ける事によって、詳しい原因を知る事が出来ます。
自分が男性不妊である事を認める事はつらい事かもしれませんが、不妊治療を行う事で妊娠が可能になる事も忘れてはいけません。
男性不妊である場合の精子の特徴は、数が少ない、運動率が低い、奇形なものが多いという事があげられます。

不妊専門のクリニックや泌尿器科で精子検査を受ける事が出来ます。
そして、精子検査を早めにする事で、多くのメリットと呼べる恩恵を受ける事も出来るのです。

  • 今まで気づく事が出来なかった精子の異常を確認する事が出来る。
  • 精子に異常があると診断をされた場合は、早期に原因となる部分からの治療を開始する事が可能。
  • 避妊や妊娠という事について改めて考え直すきっかけ作りともなり、奥さんに対する気持ちもより深まる。
  • 夫婦で不妊治療に取り組んだ場合、お互いの絆を確認する事が出来る。
  • 不規則な食生活や生活習慣といった乱れなどがあった場合も、精子検査で知る事が出来る為、改めて自分の生活態度を見直す事が出来る。

不妊は原因が男性であったとしても女性であったとしても、夫婦二人で向き合っていく問題となります。
真摯に不妊治療に向き合うためにも、まずは自身の精子検査から行う事が大切となるのです。