不妊治療 > 男性不妊について > 精子路の異常

Male Infertility男性不妊について

射精が困難になってしまう「精路通過障害」

精子を外へ運ぶための道のりで障害が発生してしまうと、射精が困難になってしまいます。
こういった状態を精路通過障害と言い、男性側の不妊原因となります。

生まれ持っての先天的なものと、病気やケガが引き金となり障害が発生してしまう場合とがあります。

管内を通りやすくする手術をする事で、通常の射精が出来るようになる可能性もあります。
万が一、射精が出来なくても精子が元気に誕生していれば顕微鏡を使って受精も可能です。

精路通過障害にはどのような種類があるかご紹介していきましょう。

  • 通過障害とは
    副睾丸炎や前立腺炎などといった精管部分やその周辺部分に炎症がおこる事で精子が排出されなくなります。
    病原菌などの侵入で炎症を起こす事がほとんどです。
    頻尿や発熱などといった自覚症状があったら早めに受診するようにしましょう。
    不妊だけではなく日常生活においても排尿痛などの痛みと伴ってしまいます。
  • 精管欠如や欠損とは
    先天的に体内に精管がない状態を言います。
    左右にある精管がない場合、そして、片方のみが欠損している場合とがあるのです。
    排尿自体には、特別な支障がないため自身で気づく事は難しい問題です。
    しかし、精管の欠如や欠損を知らずにそのまま放置しておくと精巣機能や能力が下がってしまう為、注意が必要です。
  • 無精子症とは
    精管自体が両側精巣上体炎などといった疾患や政権の欠如などで塞がり詰まっているため、射精をしても精子がない状態を言います。
    精子がなければ、受精をする事が出来ません。