不妊治療 > 男性不妊について > 性交障害

Male Infertility男性不妊について

デリケートな問題である「性交障害」

女性の卵子が健康な状態であっても、受精するための精子がしっかりと出会わなければ妊娠が困難な状態になります。

精子自体に問題がない状態であっても、性交が困難な場合や精子を卵管を通り子宮にまで到達させる事が出来ないと不妊の原因になるのです。

非常にデリケートな問題ですが、病院を受診すると解決の糸口を見いだす可能性も生まれます。

主な性機能障害についてお話をしていきましょう。

  • 短小陰茎によるもの
    明らかに陰茎部分が短い状態を言います。
    正常に成熟している男性であっても、性交をする際に未発達な大きさである場合があります。
    短小陰茎の場合は、排尿に関しては全く問題がありません。
    性行為が正常に行えない場合でも、精子が正常であり勃起、射精が出来れば体外受精で妊娠の可能性が生れます。
  • EDによるもの
    陰茎部分が充分に勃起できず、性交が出来ない場合を言います。
    7~8割の確率で性交が出来ない時に該当すると言えるでしょう。
    原因として多くあげられるのが、ストレスです。
    EDの場合は、周囲に相談できずに一人で抱え込んでしまう方が多くいますが、病院などでカウンセリングを受ける事がおすすめです。
    実は、EDに悩む方は多いのです。
    もちろん、EDの原因は心因的なものばかりではありません。
    加齢や前立腺肥大、糖尿病などの原因もあげらられます。
    そういった場合は、陰茎の海綿体部分への血流を良くし勃起状態を改善させる治療が行われます。