不妊治療 > 男性不妊について > 男性不妊について

Male Infertility男性不妊について

男性不妊について

男性不妊男性不妊という言葉は、まだ耳慣れないという方もいらっしゃるでしょう。
妊娠を出来ない原因は、なぜか女性側にあるという勝手な固定概念が今までは一人歩きをしてきました。

しかし、不妊治療を行っている男性も実は多くいます。
ここでは、男性不妊について考えてみましょう。
男性不妊の原因として多くの割合を占めるものが、精子を作る機能の異常です。
精子の動きが活発でなかったり、奇形だったりする事によって射精を行っても、卵子と健康に受精する事は出来ません。
そして、精液の見た目にはその異常を感じる事が出来ません。
中には、無精子症といって精液の中にほとんど精子がないという場合もあるのです。
通常は1ccの精液の中には、2000万~1億もの精子を確認する事ができます。しかし、これ以下の数の場合は、不妊治療を行わなければ妊娠をする事が難しい状態となってしまします。

見た目では全く知る事の出来ない精子の状態。
もしも、結婚後2年以上普通に性生活を営んでも妊娠の兆候がみられない場合は、ぜひ受診をしてみる事がおすすめなのです。
クリニックでは、射精をした精液を検査します。
その時に、精子の状態を具体的に知る事が出来ます。
特に、男性の場合は女性とは違い痛みを伴うといった検査を行うという事もありませんので、安心をして受診する事も出来ます。

もちろん、疲労などやストレスで精子が活発でないという状況もあります。
その場合については、ストレスを上手く発散をするという事に加えて下着を変える事で男性不妊の予防につながります。
風通しの良いトランクスに履き替えたり、射精を頻繁に行い常に新し精子をつくるようにする。
愛する奥様とセックスを頻繁に営むという事も、不妊治療の1つとなります。