不妊治療 > 検査について >不妊症の基礎検査とは?

Inspection検査について

不妊症検査はどういった検査をするのか?

検査不妊を疑って病院に行ったときに、まず最初に行われるのが基礎検査です。

中には少し痛みを伴うものや、恥ずかしい思いをするものもありますが、不妊の原因を知る為に必要な検査となっています。
ここではどういった検査をするのかを簡単にご説明します。

  • 女性の基礎検査
    まず問診によって年齢や結婚年数、不妊期間、初経を迎えた歳、月経の状態、妊娠や中絶、流産の経験、性行の状況、過去の病歴はないかなどを聞かれます。
    プライバシーに関わるような質問になりますが、いずれも必要なデータなので、医師を信じて話しましょう。
    問診が終わったらホルモン検査や内診、超音波検査、子宮卵管造影をして、中の様子を問題がないか確認します。
    それからクラミジアを始めとした性病の検査を行います。このときにエイズ検査もする人も中にはいるようです。
  • 男性の基礎検査
    男性の場合もまずは最初に問診をされます。性行の状況や過去の病気、生活週間などが聞かれます。
    次に精液検査と精巣検査により、精液と精巣に異常はないか調べます。
    必要に応じて染色体異常やホルモン検査などを行います。
  • 男女両方の基礎検査
    男女両方にある検査がヒューナテストです。
    検査の前日、もしくは当日に性行をし、膣内の液体、頸管粘液、子宮内液などを採取します。
    それによって子宮頸管内の精子の状態を確認することができ、抗精子抗体の有無がわかることもあるようです。

こういった検査をすることによって不妊の原因が明らかとなり、正しい不妊治療ができるようになります。

パートナーとの性行の状況を話さなければならなかったり、内診などの様々な検査をするので、恥ずかしい・痛いと感じることもたくさんあると思いますが、いずれも不妊治療のためには必要な検査です。
パートナーと励まし合って乗り越えるようにしましょう。