不妊治療 > 検査について >男女で異なる検査内容

Inspection検査について

男女で異なるそれぞれの検査内容

不妊に悩み、病院を受診した場合には、男性・女性によって検査内容も異なります。
基本的な、問診、触診、視診に関してはそれぞれ必要とされる内容で行われます。

男女で異なるそれぞれの検査を見て行きましょう。 

男性における検査

男性は、まず精液検査が行われます。
精液を調べるのは重要な原因追及の1つになります。
量や比重、濃度、運動能力、奇形があるかないかなど、精子に関するトータル的な部分がわかります。
その他、精液検査で異常が認められた場合は、睾丸生体検査、精路造影法検査と引き続き検査が行われていきます。

 

女性における検査

男性と比較をすると、女性の方がより多くの検査があります。
月経血培養検査では、結核菌があるかどうかを見極めます。確認がされると無月経や生理不順になる場合があります。
膣内容検査は、膣内での炎症の有無や病原菌の有無などを確認します。起きている炎症を改善しただけで、妊娠できたというケースもあるのです。
頸管粘液検査においては、排卵をしているかどうかや卵胞の成長しやすい状態かどうかを粘液の粘度などを検査する事でわかります。
さらにある検査を見ていきましょう。

  • 卵管疎通検査・・卵管と同時に子宮の異常も知る事が出来る検査です。卵管の閉塞や異常、子宮に関しては奇形や子宮内膜症、筋腫、子宮内腔癒着などがわかります。
  • 超音波検査・・お腹の上からエコーを当てて、内部の様子を見ます。刺激も少なく広い範囲での検査が出来ます。