不妊治療 > 検査について > 免疫異常検査について

Inspection検査について

妊娠の確率を高める治療方法の選択が可能になる免疫異常検査

不妊の原因として、免疫異常が考えられる場合もあります。

通常、私たちを外の悪い異物から守ってくれるものが免疫です。
ですが、良いものまでをも異物と判断し免疫の抗体を作ったりすることを免疫異常と言います。

妊娠に欠かせない卵子や精子に対しても排除しようとする免疫機能の異常が見られる事もあります。

抗体検査によって、妊娠の確率を高める治療方法の選択が可能になります。

検査の種類についてみていきましょう。

  • 抗精子抗体検査とは
    精子と精液に対しての免疫抗体があるかどうかを検査します。
    この免疫抗体は、女性の体内で検出されます。
    血液検査や頸管粘液を調べます。
    精子凝縮反応検査や精子不動化検査と呼ばれるものがあります。
    血清中に侵入した時の、精子の運動具合で判断をします。
    精子の運動能力が下がってしまったり停止をしてしまうと抗精子抗体の判断がなされます。
  • 卵巣抗体検査とは
    卵巣が自身で生み出している卵胞や卵子に対しての免疫抗体があるのかを確認する検査です。
    免疫抗体を持っている場合は、無排卵になってしまう可能性も高いのが特徴です。
    受精卵の着床もしににくなります。
  • APTT検査とは
    受精卵を着床させにくかったり、妊娠継続が難しくさせたりする抗リン脂質抗体。他にも、血液の凝固をさせにくい作用もあります。
    この抗リン脂質抗体があるかどうかを判断するために行われます。

各種の検査によって、あらゆる抗体以上について知る事が出来ます。