不妊治療 > 検査について > 性交後検査について

Inspection検査について

性行為の後に行う性交後検査について

不妊原因を男性、女性共に調べた結果、何の異常も発見されないという場合もあります。
その後の段階として、さらに検査が行われます。 

ここでは、性行為の後に行う性交後検査についてご紹介させて頂きます。 

性交後検査とは、女性が持つ経管粘液と男性の精液との相性を調べる検査です。
この相性が悪い場合には、精子が卵管へ進む事が困難になる場合が生れます。 

精子や卵子の異常はなかったのに、適合検査で原因として発見される場合もあります。 

  • ヒューナテストについて
    性交渉を行った後、女性の体の中で膣から子宮腔内に至るまでどの部分でどれくらいの精子があるかを見ます。
    射精後、女性が30分程度横になったまま安静を保ち、2時間以内に粘液の採取を行います。
    膣から子宮腔内までの各所で元気な精子が発見されれば適合力があるとみなされます。
    適合力がないと判断された場合でも、3か月間継続して検査をして最終的な判断が行われます。
  • ミラークルツロック検査について
    性交渉は行わずに、女性の粘液と男性の精液を個々に採取をして検査をします。
    基礎体温、超音波検査で排卵日の予測を行います。排卵予定日の近辺が頸管粘液が増加するためです。
    粘液と精液を隣り合わせにし、室温で2時間ほどおいたのち検査をします。
    精子がどれくれい頸管粘膜の中に入り、合わせて精子の運動能力も確認します。
    粘液の中へ精子が一定数認められない場合は、陰性の判断となります。
    1度のみの結果ではなく、数回繰り返し陰性だった場合は体外受精へと治療を切り替えます。