不妊治療 > 不妊症について > 不妊症の原因-女性-

Infertility不妊症について

女性の不妊症の原因について

女性の不妊症の原因には様々な障害や病気があります。

  • 排卵障害
    排卵が行われないと妊娠は成立しません。
    無月経、稀発月経、無排卵出血、頻発出血など、これら総てを称して排卵障害と言います。
  • 卵管障害
    不妊症の30%は卵管障害と言われています。精子や受精卵の通り道となる卵管がなんらかの炎症で詰まってしまったり、癒着している状態を指します。
  • 子宮内膜症
    子宮の内側の組織のことを子宮内腔と言います。この子宮内側以外の体の他の部分で子宮の内膜組織が育ってしまうことが子宮内膜症です。なぜ子宮内膜症がおこるのか原因は解明されていません。下腹部痛や性交痛があり、不妊の原因になります。
  • 子宮着床障害
    受精卵が子宮内膜に接触することで着床となりますが、ホルモン分泌の異常や、子宮自体の異常、受精卵に着床をする力がなかったり、子宮内膜の準備が整っていないと着床に失敗し、子宮着床障害がおこります。
    また、子宮内にポリープや筋腫、奇形があると子宮着床障害の原因になります。
  • アッシャーマン症候群
    中絶や流産をしたときの処置が乱暴で、子宮内膜に傷がついてしまい、子宮内膜が上手く成長しないことから、排卵などが正常に行われていても着床がしにくい状態のことを指します。
  • ストレスからの不妊
    強いストレスを感じることにより、脳の中枢部分である視床下部に異常がおこり、生殖ホルモンの分泌を司る命令系統が狂ってしまいます。

これらの原因が一つの人もいれば、複数の原因をあわせて持っている人もいます。
中には検査をしなければ絶対に気づけない病気、治療を必ずしなければならない病気もあります。

きちんと検査をして不妊症になった原因を知り、正しい不妊治療を行っていきましょう。