不妊治療 > 不妊症について > 不妊症の原因とは?

Infertility不妊症について

不妊症の原因とは?

不妊症とは、医学的観点から見て、避妊をしない状態で定期的な性生活を送っているにも関わらず妊娠をしない事を言います。
その期間の目安は2年以上です。
結婚をして、定期的な性生活を送っていれば、1年以内には80%。2年以内には90%の夫婦が妊娠をしているというデータがあります。
この結果からみても、2年以上たっても妊娠の兆候が見られない状況は、不妊症が原因であるという事が出来るのです。
そして、不妊症でなやむ夫婦は実に10組に1組の割合でいます。
しかし、実際に健康な夫婦が排卵日にセックスをした場合においても、妊娠する確率は20%程度。
実は、妊娠するという事は、簡単ではないという事も事実なのです。
不妊症の原因として、女性側の立場でも多くのものをあげる事が出来ます。
ですが、男性側が原因という場合も近年において多くの事例で報告をされています。
男性不妊として、その悩みを抱えている方も大勢います。
ここでは、男性不妊の原因を見ていきましょう。

  • ペニスが勃起している状態にならないため、性交渉が出来ない事や女性の膣内で射精する事が出来ない性交障害。
  • 精子が通る道になっている精管が何らかの原因でふさがってしまっている精管通過障害。
  • 精子の数が少なかったり元気がない、または精子が全く存在をしない精子の異常。実は、この原因が男性不妊における80%となっています。原因のきっかけは、高熱性の病気や性感染症、ストレスなどによって精巣の機能が上手く働かなくなってしまうためです。
  • 過度の疲労や、飲酒や喫煙も必要量以上を摂取する事により、精子形成に影響を与えてしまいます。

しかし、原因を追求し適切な不妊治療を行う事で、男性不妊の悩みを解消する事が出来ます。