不妊治療 > 不妊症について > 不妊症の定義とは?

Infertility不妊症について

不妊症の定義とは?

まず不妊症とはどのようなものなのか?
よく耳にはするけれど、いまいちわからない人も多いでしょう。
このページで簡単に不妊症についてご説明します。

日本では避妊をせずに性交渉をしても二年間妊娠が成立しないと不妊症と診断されます。

妊娠が成立するメカニズムは、射精、排卵、受精、着床です。
このすべてのプロセスが整っていると妊娠が成立します。

このどこかのプロセスになんらかの問題がある場合は、妊娠が成立しません。

その問題の原因は様々で、以前までは女性側に原因があるとされていましたが、近年、男性不妊症の研究が進み、男性に原因がある場合が全体の24%、女性に原因がある場合が41%と言われていて、今は男女半々に不妊の原因があるとされています。

原因不明の場合も全体の11%を占めており、「原因不明不妊」と言われ、ストレスや環境が大きく関わっていると言われています。

また、男女双方に原因がある場合も少なくなく、その場合は全体の24%となります。

不妊症には、一度も妊娠が成立しない「原発性不妊症」と、過去に妊娠の経験はあるが、以後妊娠が成立しない「続発性不妊症」の二つの種類があり、どちらとも男女両方の検査が必要です。

日本では二年間妊娠が成立しないと不妊症と診断されますが、避妊をせずに性交渉をした期間が半年であろうと、一年であろうと、不安を感じた時に不妊検査、不妊治療を受けることができます。

ですので、不安に感じることがあればすぐにパートナーと話し合い、早めに医師に相談をすることをお勧めします。