不妊治療 > 不妊症について > 不妊症ついて

Infertility不妊症について

不妊症について

不妊症について不妊症の定義としては、産婦人科の見解からすると、夫婦が避妊なく性生活を送っているにも関わらず2年以上妊娠をしない場合となります。
男女ともが健康体であり、性生活を送っている場合においては通常1年で8割、2年では9割の夫婦が妊娠しているデータが出ています。

赤ちゃんを授かる事を夢見ている夫婦にとって、2年以上経っても子宝に恵まれないという事実ははとても悲しい出来事です。

そして現在、妊娠を希望している夫婦の10組に1組が不妊症という悩みを抱えています。

反面、不妊症のない方でも排卵日に性行為をした場合でも、妊娠の確率は2割となっています。
ですので、新しい命を宿す妊娠は神秘的でありながらそうたやすい事ではないとも言えます。

もしも、2年以上経過をしても妊娠の兆候がないようでしたら病院の受診をおすすめします。

不妊症と言っても、治療により妊娠出来る可能性は充分にあります。
検査を受ける事によって、根本となる原因を突き止められるのです。

受診をする際は夫婦が揃う事が大切です。
一昔前を考えると、不妊症の場合の原因は女性に大きな比重を置かれていました。
ですが、近年においては男性側に原因がある事例も多数報告をされるようになってきました。

不妊症は夫婦2人で乗り越えていく問題です。
そして、不妊治療も2人が力を合わせる必要があるのです。

愛し合っている2人の結晶であるお子様の誕生を望むのでしたら、ぜひその一歩を2人で歩き出してみてはいかがでしょうか。