不妊治療 > 女性不妊について > 排卵の異常

Female Infertility女性不妊について

不妊を引き起こしてしまう場合がある「排卵における異常」

受精能力の高い卵子を作るには、健康な卵巣が必要になります。
そのためには、子宮や脳から分泌をされてくるホルモン物質が必要となるのです。

そして、排卵における異常がある事で不妊を引き起こしてしまう場合があります。

いくつかの排卵異常についてお話をさせて頂きます。

  • 無排卵について
    卵胞は育っているものの卵子が排出されなかったり卵子がしっかりと育ちきっていない場合を言います。
    妊娠をしやすいとされる排卵日に性行為をしても無排卵であっては妊娠の確率はほとんど見込めないと言って良いでしょう。
    加齢に伴う卵巣の機能低下の他に、糖尿病や甲状腺の疾患、副腎皮膚の疾患が原因となっている場合があります。
  • 多嚢胞性卵巣症候群について
    卵巣を覆っている膜が厚くなり硬くなってしまう状態を言います。
    この事で、卵子が通常通り排出する事が出来なくなってしまうのです。
    黄体ホルモンLH、卵胞刺激ホルモンFSHのバランスが整っていないためです。
    排卵に必要なLHサージが発生しないため、妊娠しづらくなります。
    月経周期が乱れやすい事も特徴です。
  • 視床下部性排卵障害について
    排卵をコントロールしている部分が視床下部です。
    視床下部に障害が発生する事で、卵子の放出が通常通りに行われなくなってしまうのです。
    ストレスや栄養疾患などに伴い視床下部に異常があると、排卵や卵巣を育てるために不可欠なGnRHの分泌が低下します。
    そのため、排卵の障害を引き起こしてしまいます。