不妊治療 > 費用・助成金 > 不妊治療 保険情報①

Expense費用・助成金

保険情報① 不妊治療の保険事情

不妊治療とは、男性不妊であっても女性不妊であったとしても保険がきかずに医療費がかさんでしまうというイメージがあります。
赤ちゃんをなんの問題もなく無事に授かる事が出来たなら、こんなに大変な思いをしなくても良いのにと、肉体的だけではなく精神的なストレスも感じてしまう事でしょう。
ここでは、そんな不妊治療に関する保険や医療助成制度についてご紹介をさせて頂きます。
活用をする事が出来るものがあれば、積極的に活用をするようにしましょう。
二人のみの収入のみからの治療費の負担ばかりではなく、国や自治体からも補助を受ける事が出来るのです。

  • 不妊治療において、1番初めの治療に関しては保険診療が適応をされます。
    ですので、医療費は3割の負担で済みます。
    通常の最初の不妊治療は数千円ほどです。
    そして、治療の範囲でタイミング療法や排卵誘発剤の場合の治療に関してまで保険の適用範囲内となります。
    その先の人工授精や体外受精の治療となると保険は適用外となります。
    人工授精の場合は、1~3万円。
    体外受精の場合は、20~60万円程度の費用がかかります。
  • 体外受精や顕微鏡受精といった保険が適用されない治療を行った場合に、国から特定不妊治療助成制度という助成金を交付してもらう事が出来ます。
    助成金の具体的な内容については、各都道府県の自治体によって変わってきます。
    直接、現在住んでいる自治体に出向き確認をするかサイトで確認する事も出来ます。
    また、年収の制限が設けられている場合もあります。
    おおよその目安としては、1回につき助成金は10万円。
    1年に2回までの助成が一般的となっています。
  • 不妊治療費は医療費控除の対象になります。
    手続きを行う際には、領収書が必要となりますので大切に保管をしておき
    ましょう。