不妊治療 > 費用・助成金 > 不妊治療 助成金①

Expense費用・助成金

助成金① 不妊治療の助成金について

不妊症は、女性が原因ではなく男性不妊の場合もあり、この割合についてはほとんど変わりがないとされています。

男性不妊の場合、不妊治療を行うことによって子供を授かることができるチャンスをつかむことができます。

不妊症治療には様々な方法があります。種類のよっては保険適用になる場合もあれば、完全自己負担になることもあります。
ほとんどの場合、最初は口頭でのタイミング両方やホルモンバランスを整える薬での治療から始めます。
これらの不妊治療は保険適用内となっているので、経済的負担をそんなに感じることはないでしょう。

しかし、自然に妊娠をしないと判明した後は、体外受精や顕微授精、人工授精といった保険適用外の治療に進むことになります。
これらの費用は全額自己負担となってくるので、負担の大きさに途中で断念をしてしまうことがあります。

こうした高額治療の負担を少しでも軽減をするために、厚生労働省が特定不妊治療費助成事業を開始しました。
この助成金の目的としては、今日本で問題になっている少子化対策のためです。

この助成金は都道府県によって異なってきますは、今までよりは負担を減らすことができるとして、不妊治療にもう一回チャレンジをするといった姿勢も見られるようになってきました。

不妊治療の助成金対象となってくる治療は基本的に保険適用外のものとなっています。
高額医療費がかかってくるものとなってくるので、人工授精や体外受精などが主です。

助成金は、都道府県によって申請方法が異なっています。
ですので、もしこうした不妊治療を始めて助成金を申請しようと思っているなら、自治体にあらかじめきいておくなどをするとスムーズに不妊症治療をおこなっていくことができます。