不妊治療 > 費用・助成金 > 不妊治療の費用について

Expense費用・助成金

不妊治療の費用について

費用・助成金最近では男性不妊に悩む方も多く、不妊治療を積極的に行う夫婦が多くなってきています。
こうした背景には、テレビでの不妊症治療の特集や有名人の方の不妊症の告白などによって、男性不妊の方も隠すことなく夫婦で話し合いをするといったことがあります。

日本には、妊娠をしたいと思っている夫婦の中で10%近くの人達が不妊症で悩んでいるといわれています。
これは、女性不妊、男性不妊共に40%で男女に原因があるという場合が15%近くあるといわれています。

不妊症とわかった瞬間に色々なことを考えて、そして悩む方がほとんどです。
その中で一番気になってくること、それは不妊症治療にかかる費用です。
不妊症治療は保険が適用にならないために、検査から治療すべての負担を個人負担しなければいけません。
これらの費用は病院によって異なってきますので、不妊治療を行う際には色々な病院を比較してみるといいでしょう。

体外受精

一般的には30万円ほどの費用が掛かってきます。回数を積み重ねて治療を行うことによって価格が下がっていきます。

人工授精

1万円程度の病院もあれば3万円もあります。

タイミング法

この方法は、ほかの不妊治療とはちがって保険適用内となっています。
ですので、医療機関によって料金が違うということはありません。

顕微受精

顕微受精は40万円近くの費用が一回につき発生します。
治療を多くすればするほど費用の負担が大きくなってきますが、助成金対象となっているので治療を開始する際には、事前に各自治体で調べておく必要があります。
多くの人が、負担の大きさに途中であきらめてしまうことが多いですが、助成金があることによって、前向きな気持ちで治療を受けることができます。