不妊治療 > 治療 > 顕微受精

Cure治療

顕微受精について

男性不妊症の場合、精子の元気がないとか、精子が極端に少ないなどのときには、自然に妊娠をすることが難しいので、精子自体を直接採取する必要があります。
この方法を顕微授精といい、元気な精子を一匹見つけてそれを採取して女性の子宮内へ注入をします。
この場合、すぐに女性の中に入れるのあればなくある程度育ててから戻します。
不妊治療の中でも体外受精に近い治療方法となっています。

顕微授精を行うのは、おもに男性不妊で、ほかにも高齢出産を望んでいる人に行うこともあります。
この不妊治療は保険が適用にならないためにかなりの負担がのしかかってきます。
治療で行った金額すべてを自己負担しなければいけないので、ある程度のたくわえをしてから行うと計画的に顕微授精ができます。

一般的には体外受精のプラスで10万円程度上乗せでかかってきますので、一回顕微授精を行うごとに40万円から60万円ほど必要になってくるといわれています。

数字をみるだけで、あきらめようかなといった気持ちになってしまう人も多く、一人でも多く顕微授精をしてほしいということもあり、自治体によっては助成金制度を取り入れているところが多くなってきています。
ですので、顕微授精を行う際には助成金制度があるかどうかを事前に確認をしてから相談をしてみると、経済的に負担をかける心配を軽減することができます。

不妊治療は男性不妊の場合もあれば女性不妊の場合もあります。
どちらにしても、体外受精や顕微授精を行うことによって、妊娠する確率を上げることができるので、不妊症だからといわれてすぐにあきらめることのないようにポジティブな気持ちで前に進むようにしましょう。

こうすることによって、必ず不妊症治療に勝ち妊娠をすることができます。