不妊治療 > 治療 > ホルモン治療薬

Cure治療

不妊治療でよく利用をされるホルモン治療薬

不妊治療における原因は多岐に渡ります。

そして、原因の種類の分だけ内服薬もたくさんあるのです。

同じ薬を服用しても、個々によって違ってくる場合もあります。
また、副作用があるものもあります。

ここでは、不妊治療でよく利用をされるホルモン治療薬を中心をしてご紹介をしていきましょう。

  • エストロゲン製剤とは
    卵胞ホルモンが減少すると発育低下に陥り成熟が難しくなります。
    そのため、無排卵を引き起こしたりまだ卵子が発育してない状態で卵胞から排出されてしまったりしてしまいます。
    その状況を改善するための薬がエストロゲン製剤です。
    不妊治療の他にも、更年期障害や機能性出血などの治療にも役立てられている薬です。
  • プロゲステロン製剤とは
    黄体ホルモンは卵巣の中にある黄体から分泌されています。
    妊娠状態を正常に維持したり子宮内膜を育てるために欠かせない成分なのです。
    不妊治療においては、エストロゲン製剤を併用したりする場合が多くあります。
    副作用については、エストロゲンとプレゲステロンを合剤させたもので胃腸障害や頭痛などの症状が表れる場合があります。
  • ドーパミン作動薬とは
    高プラクチン血症が原因となり起こっている無排卵の場合、ドーパミン作用を持つ薬を服用します。
    ブロモクリプチンやテルグリドなどといったものがあります。
    上記の薬は、脳下垂体部分からプロラクチンの分泌を抑制します。
    排卵機能をアップさせ、改善へ向かわせます。
    2ヶ月継続して服用する事で排卵が回復します。