不妊治療 > 治療 > パーコール法

Cure治療

優秀な精子だけを子宮に戻すパーコール法

「パーコール法」をご存じでしょうか?あまり耳にしない不妊治療ですね。

ここではパーコール法のご説明をしていきます。

パーコール法とは、人工授精や体外受精、ギフト法などをする際に、精子をパーコール液の中で洗浄、濃縮し、優秀な精子だけを子宮に戻す治療法です。
排卵日に合わせて精子を濃縮しなければならないので、夫婦二人の理解と協力が必要となってきます。

最近はこのパーコール法で男女の産み分けをする人も多いようです。

働く女性が増えてきて、結婚をする年齢がどんどん高くなってきました。
昔は子供が3人程度いても驚く事がありませんでしたが、最近では1人っこの家も多くなっています。
その為、男の子を産みたいと思う人や、女の子なら産みたいと思う事もあるようです。

そこで、最近ではパーコール法を利用して産み分けが出来るようになってきました。
男の子が生まれるか、女の子が生まれるかは染色体の組み合わせで変わります。
パーコール法で精子を洗浄、濃縮すると、その産み分けが100%ではありませんが、可能になると言われています。

不妊症で使用されるパーコール法と、産み分けで使用されるパーコール法はまた違いますが、両者ともパーコール法をしたからと言って、必ず妊娠が成功する訳ではありません。

より優秀な精子=元気な精子を選別するもので、人工授精や体外受精をしたときの成功率はあがりますが、この方法をしたことにより確実に妊娠する、ということではないのです。

その上、パーコール法を用いることによって普通の人工授精や体外受精に比べて値段も上がるようになります。
また、排卵日に合わせて射精をしなければならないというプレッシャーから性機能障害になってしまう男性も少なくないようです。

パーコール法を使用する際には、パートナーとよく話し合うことが大事ですね。