不妊治療 > 治療 > ストレスの緩和も大切

Cure治療

ストレスの緩和も不妊治療の一環です

不妊症とストレスはとても密接な関係にあります。

ここではストレスを感じると不妊症になってしまう理由についてご紹介をしていきます。

女性も男性も、ストレスから不妊に陥ってしまうことは珍しいことではありません。
ストレスが不妊の原因になってしまう因果関係は、ストレスによりホルモンバランスが乱れてしまうからだと言われています。

信じがたいことですが、ストレスに対応している体内の器官と生殖活動を行うときに対応する器官は重なり合うことが多いのです。

過度のストレスを感じると、脳の視床下部から副腎脂質ホルモンが分泌され、脳が体を防衛するように命令します。
ストレスに対する防衛が優先されてしまうと、妊娠サイクルで必要な性腺刺激ホルモンが正常に分泌されなくなってしまうのです。
そうなってしまうと、ストレスで妊娠しづらい状態になり、さらに不妊のストレスが重なり、どんどんとストレスが溜まっていくという悪循環になってしまいます。

女性の場合であれば生理不順や排卵痛、子宮環境の悪化となり、男性の場合であれば、精子の数が減少し、精子の元気もなくなってしまいます。

ストレスで不妊になるだなんて思いもしない人もいるようですが、ストレスを甘く見てはいけません。

精神状態が安定していれば、自然と肉体の状態もバランスがとれるようになるものです。

ストレス緩和も不妊治療の一環だと考え、夫婦で旅行に行ったり、おいしいものを食べたりしましょう。
また泣ける映画などをたくさん見るのも効果的だと言われています。

ストレス解消にとタバコやお酒に走る人もいますが、タバコとお酒は不妊治療において良いものではありません。
やけになってそれらに逃げてしまうのはやめましょう。