不妊治療 > 治療 > 負担が少ない飲み薬

Cure治療

負担が少ない飲み薬での不妊治療

不妊治療は、値段が高く、また注射などを頻繁にするようななんだか痛いイメージがありますよね。

最近では金銭的な負担や身体への負担が少ない飲み薬での不妊治療もあります。

ここでは飲み薬による不妊治療についてご説明します。

不妊治療で投与される薬剤には、ホルモンに働きかけるものが多く、不妊の原因がホルモンバランスにある場合は、かなり効果の高い治療法となります。

子宮内膜を変化させ、受精卵の着床をスムーズにする黄体ホルモンというものがあります。
このホルモンは妊娠中の排卵を制御したり、子宮の肥大や収縮など妊娠の維持にも大きく関わります。
そのホルモンが正しく分泌されていない場合には「黄体ホルモン製剤」が投与されます。

黄体ホルモン製剤には、黄体ホルモンを補充し、子宮内膜を成熟へと導く作用があります。
子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態にし、高温期を長くすることで妊娠しやすい状況にするのです。

しかし、この黄体ホルモン製剤は副作用も報告されていて、頭痛や胸のハリ感、嘔吐感などが人によっては表れるようです。

排卵誘発剤も、注射だけでなく経口薬としてもよく使用されています。
注射に比べ効き目は穏やかですが、副作用が少なく、排卵誘発剤を投与し続けることでおこる卵巣過剰刺激症候群になる確率が下がります。
もちろん、効き目の強い飲み薬にすれば副作用もそれなりに強くはなるので、処方される際には確認が必要です。

飲み薬での正しい不妊治療で、妊娠が成立したご夫婦もたくさんいます。