不妊治療 > 治療 > 子宮内膜症の治療

Cure治療

子宮内膜症と不妊症の関係

「子宮内膜症」は、婦人病のひとつとしてよく耳にする病気ですね。

実は不妊症の原因になることを知っていますか?
ここでは子宮内膜症と不妊症についてご説明します。

子宮内膜症とは、本来ならば子宮の内側にできるはずの膜が、子宮内腔以外の場所で発育してしまう病気です。
詳しい原因は解明されていません。
しかし、この病気を患わっている患者さんは確実に増えていて、現代病のひとつとも言われています。

症状としては、生理がくるたびに生理痛が重くなる、血の量が増える、性交痛がある、生理じゃないときでも下腹部に痛みを感じる、腰痛や股間節痛があります。
子宮内膜症は、生理の度に症状が重くなり、そしてまたよくなるということを繰り返す病気で、生理がある女性誰しもが起こりうる病気です。

子宮内膜症になったすべての女性が不妊症になる訳ではありません。
しかし、不妊に悩む女性の20~40%に子宮内膜症の症状がみられるのも事実です。

子宮内膜症がなぜできるか解明されていないように、不妊との因果関係も解明されていません。
ただ、卵巣や卵管に癒着した内膜、卵巣内に出来たチョコレートのう腫や腹腔内にたまった水は不妊原因となることがわかっています。

治療法としては、タイミング指導法を用いた待機治療、ホルモン剤により内膜症を縮小させるホルモン療法、内視鏡を使い、内膜の癒着やチョコレートの う腫などを取り除き、妊娠環境を整える腹腔鏡などがあり、これらの治療後でも妊娠をしなかった場合は、最終治療法として体外受精が行われます。

子宮内膜症はかかっていたとしても、症状が軽かったり、正しい治療をしていけば自然妊娠に成功するカップルもたくさんいます。
前向きな不妊治療を進めていきましょう。