不妊治療 > 治療 > 排卵誘発剤

Cure治療

不妊治療に欠かせない排卵誘発剤

不妊治療としてよく使用されるのが「排卵誘発剤」です。

不妊治療に欠かせないパートナーと言っても過言ではないでしょう。
ここでは排卵誘発剤についてご説明します。

排卵が起こらなければ、性行をしても妊娠は成立しません。
そのため、無月経や稀発月経、無排卵出血などの排卵障害がある人には排卵誘発剤を経口薬か注射で投与します。

また、排卵を自力で起こすことができる人であっても、妊娠の確立をさらに上げる為に排卵誘発剤を使用する場合もあります。

しかし「排卵誘発剤」と聞くと、どうしても身構えてしまう人もいるでしょう。

誰しもより自然な妊娠を望むことは当たり前です。
奇形を持った子どもが生まれてくるのではないか、と不安の声も少なくないようです。

排卵誘発剤は卵巣への刺激は起こりますが、卵子には作用しません。
なので、排卵誘発剤による奇形を持った子どもができる、ということはありえません。
過去にも報告はありません。このような不安は排卵誘発剤をよく知らないことによって産まれる誤解です。

ただ、排卵誘発剤の使用をすることにより、卵巣が強い刺激を受けて大きく腫れてしまう卵巣過剰刺激症候群という副作用が起こる場合があります。
このほとんどは経過を見るだけで自然に消えますが、極稀に、お腹に水が溜まって脱水状態になり、入院が必要になるときがあります。

排卵誘発剤を使用する際は、患者さんがこの薬を投与されていることを理解すること、身体に異常がでたら速やかに医師に相談し、対処をしてもらうことが大切です。