不妊治療 > 治療 > 不妊治療時のメンタルケア

Cure治療

不妊治療時のメンタルケア

不妊症と診断されて、不妊治療を始めてもなかなか子供を授かることができないと、精神的な負担が大きくなってきます。
これは心の問題だけではなく、肉体的そして経済的にも大きなダメージとなってきます。
お互いに話し合いをしたり、励ましあったりすることというのは心のケアをする面では非常に大切なことになってきますが、原因を解決する手立てにすることはできません。
ですので、メンタル面をケアするためにも、お互いに考えなければいけないことがあります。

まず1つ目は不妊症についてをお互いで理解をすることが必要です。
不妊症は男性不妊の場合もあれば女性不妊の場合もあります。
その際に、最後の頼みと思い不妊治療を始める夫婦が多いかと思いますが、ここで注意しなければいけないことは、不妊治療を行えば必ず妊娠をするというかんがえを持たないということです。
モチベーションを上げるためには、こうした希望を持つことは必要になってきますが、逆に不妊治療をやめた後に自然に妊娠をすることができたという夫婦も実際にいるので、お互いに気持ちの余裕のある状態で行う必要があります。

2つ目は、将来的なことの話し合いをすること。
不妊治療は体力も必要になってきます。定期的な検査や治療を行わなければいけないので治療が長期的になってしまうことでそれだけ体への負担が大きくなってしまいます。
ですので、まずは健康でなければ不妊治療を行うことができませんでの、お互いに支え合ったり、話し合う機会を多くもつ必要があります。

そして最後は、子供についてを考えること。
多くの日地たちは結婚をすると必ず子供を授かることができると思ってしまいます。
しかし、こうした認識によってプレッシャーになってきたりします。
ですので、夫婦にとっての子供の価値観を合わせる必要があります。

このように、不妊治療を進めていく中でお互いのことをしっかり理解をすることで、精神的に苦痛を感じたりせずに行うことができます。