不妊治療 > 治療 > 鍼・整体療法

Cure治療

鍼・整体で妊娠しやすい身体作り

不妊治療の内容には、薬物治療や人工授精、体外受精などの方法がありますが、整体や鍼などを行うのも効果的です。
不妊治療に西洋医学も重要ですが、東洋医学の効果も忘れてはならないのです。
不妊の原因の一つに、骨盤のゆがみというのも大きく関係しているのです。
骨盤がゆがんでしまうとお腹が圧迫されてしまい、その結果子宮や卵巣も圧迫されてしまいます。
子宮や卵巣の働きが鈍くいなってしまうと 正常な働きが出来なくなるので妊娠しづらくなてしまうのです。
整体でこの骨盤のゆがみを整えることによって、妊娠しやすい体へと変えることが出来るのです。
整体を受けることによって、生理痛や腰痛などを改善するとともに、体の内側からも健康になることができます。
骨盤がゆがんだままの状態では、どんなに高度な不妊治療を続けても妊娠することは難しいとも言われています。

不妊治療には、もう一つ鍼治療を受けるのもお勧めです。
鍼治療を行うことによって、下腹部の血流を良くしてくれます。
血流が良くなると、子宮や卵巣の働きも正常に戻りますので妊娠しやすい体へと変えることができるでしょう。

不妊の人には、冷え性や便秘の人が多くいます。
血流を促すことによって冷え性を改善することが出来ます。
鍼治療に必要な時間は約30分程度となっています。
一般的には、1週間に1回程度となっています。
不妊治療は、女性だけに問題があるとは限りません。
男性であっても、冷え性などの人もいます。
お互いが健康でなければ、元気な赤ちゃんを授かることはできません。
整体や鍼治療を活用して、体のゆがみや疲れなどを取ることもお勧めです。
体の血流を良くすることは、とてもいいことです。不妊治療はもちろんですが、健康維持のためにもお勧めです。