不妊治療 > 治療 > 不妊治療を行う病院の選び方

Cure治療

不妊治療を行う病院の選び方

不妊治療を行う際に大切なのが病院選びです。
自分が、これから不妊治療を行うために付き合っていく病院でもあるので、信頼でき、安心して治療が行える病院を選ぶようにしましょう。
不妊治療を行っている病院は、婦人科のある総合病院、お産も可能な産婦人科医院、不妊治療を専門に行っているクリニックの3種類に分けることができます。
上記の3つの病院であれば、不妊についての相談は受け付けていますが、専門的な治療とについては、可能な場合とそうでない場合があります。
不妊外来や不妊専門相談ができる病院だったとしても、不妊治療の経験が豊富にあるかどうかはまた別の話になってきますので、それぞれの情報をできるだけ多く集めることも大切です。

総合病院の場合は、産婦人科だけでなく、泌尿器科とも連携して不妊治療を行うことが出来、男性の不妊原因の治療も行うことができます。
また、人工授精や体外受精をする時には、比較的安い費用で行うことができます。

お産が可能な医院では、不妊治療に成功して妊娠した場合にも、出産まで同じ医院を利用することができるので安心できます。
ですが、男性不妊に関する治療を行っていないところも多くあるので事前に確認しておく必要があります。

不妊治療を専門に行っているクリニックでは、大学病院などでの不妊治療を経験している医師がほとんどです。
専門的な知識も豊富で経験もあります。

不妊治療は、短期間で終了するとは限らないので、できるだけ自宅や勤務先に近い病院を選ぶのがお勧めです。
通院の負担が大きいとどうしても治療を続けるのが難しくなってしまいます。
気になった病院を見つけたら、ホームページをチェックしたり、治療内容や疑問点については、電話で確認して見るのもお勧めです。
自分たちにあった病院を見つけて治療を行うようにしましょう。